« 惑星 | Main | 「偽善者ぶるな!」 »

2006.08.26

メイドの旅

K_1

 一休禅師が「門松は、冥土の旅の一里塚、めでたくもあり、めでたくもなし」と詠んでます。本来、日本では歳をとるのは元旦を過ぎてからで、誕生日という概念は希薄だったようです。

 新しい歳を迎えられるのは目出たい事、しかし一年寿命を消化する事でもあり、悲喜交々と言ったとこでしょうか? と言うより、生まれた日に特別な意味はなく、他の三百六十四日と同じ一日に過ぎないと思ったりします。

 あえて意味付けをするならば、この世に生を受けた事に感謝する日ではないでしょうか。永六輔がこんな事を言ってます。「誕生日はお祝いしてもらう日ではなく、自分を生んでくれた母親に感謝する日で、言うならば母の日です。」

 旅人は何かの目的の為に旅に出ます。人生の目的地は冥土、星ならば冥王星ですな。惑星から外されてしまったからと言って、目的地をメイドにしてしまうと人の軌道から外れますのでお気を付け下さい。(笑)

 以前、メイド好きの友人からこんな事を言われました。「その歳で誕生日を祝ってもらってうれしいですか?(笑)」彼は私よりひと回り以上若いし、冗談のつもりで悪気はなかったと思います。私も気にしてなかったのですが、ついこんな返事をしてしまいした。「誕生日自体、嬉しくともなんともないけど、お祝いしてくれる人の気持ちが嬉しい。」

まぁ、私にとって誕生日とはそんな日です。
(人から言われてはじめて気が付くような日w)

|
|

« 惑星 | Main | 「偽善者ぶるな!」 »

Comments

「お祝いしてくれる人の気持ちが嬉しい」
咄嗟にこういう洒落た返事が出来るなんて。にくいお方だw

私だったら、素直にムカッと来て終わりかもw

Posted by: ありぞお | 2006.08.26 at 21:23

このおあにぃさんの良さが、
若い娘にわからないかなァ〜? (>_<)

Posted by: たま | 2006.08.26 at 22:04

お誕生日でしたか。それはおめでとうございます。

私事になりますが38歳で友人が事故死してからと言うもの、歳を取れると言うことに感謝するようになりました。
それまでも特別な日ではありましたけど。

何事もなく一年を生きる。
意外に難しいことなのかもしれませんね。
だから節目の日を迎えられると言うのは、素直に喜べます。

また渋みをましてダンディになったたまさんに乾杯。

Posted by: 城弾 | 2006.08.27 at 00:10

そうですね、自分も
>この世に生を受けた事に感謝する日~
>~言うならば母の日です

という話をどこかで聞き、そのように考えるようにしてます。

>お祝いしてくれる人の気持ちが嬉しい
にも同意・・・という考えを聞いたからではないですが、
お誕生日おめでとうございます(笑)

Posted by: mono | 2006.08.27 at 00:51

城弾さん、monoさん
お祝いのお言葉、ありがとうございます。

なんか催促したみたいな記事で申しわけない。
さりげなく書いたつもりなんですけどね。(笑)

歳を重ねてゆくと、命の儚さとか愛おしさを身をもって
経験します。昨年他界した祖母も、のんちゃんもそうで
す。何か特別な事があると立ち止まって考えるんですけ
ど、普段の生活からそう言う事を汲み取れるようにしたいものです。
 
濃くて渋くて甘みがあって、
しかも、賢くて愚かな男でありたいね。(笑)

Posted by: たま | 2006.08.27 at 01:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86853/11613679

Listed below are links to weblogs that reference メイドの旅:

« 惑星 | Main | 「偽善者ぶるな!」 »