« おかえりなさい | Main | 今、ハヤってます。 »

2006.09.20

狂牛病は解禁されないだろう?(笑)

 私は物事をするのに、第一印象を大事にする。その割には思い切りが悪くて、いつまでもだらだら手を入れてしまう。例えば文章や絵がそうで、写真なんかも何枚も同じ構図で撮ってしまう。

 踏ん切りや潔さがないと作る物に技巧ばかり目に付いて”こころ”が現れない。何かに心を引かれたり思い付いてそれを形にしょうとした時、だいたい一番はじめにやったのが出来が良いことが多い。

 私は職人気質なせいかつい手を入れ過ぎる。第一印象を形にする技術がないせいもあるかも知れない。

と、普段考えてる事を私がたまに見る番組、知るを楽しむで赤瀬川原平さんが話していた。氏のことはあまり知らないがカメラを題材にした小説を書いているらしい。

 中古カメラ愛好家は普段生活をしていて何か物足りない気分になって中古カメラ屋さんに出かける事を「診療所に行って来る」と言うらしい。自らを”病気”と自負しての言葉で、お姉ちゃんファンの私にも思い当たるところはある(笑)

 お気に入りの”ブツ”を見付けて止むに止まれず買う事を「手術」と言い、手持ちがなくて月賦で買う事を「麻酔をかけて手術をする」と言うらしい。現金で買うと”痛さ”を実感するがカードを使うとそうでもないところから来てる。良〜くわかります(みなさんもわかりますよね?笑)

 マニアとは度し難いものである。私もお姉ちゃん成分を補給しにあっとまんぼうと言う診療所に行って「弥生お姉ちゃんのケータイ日誌」を見て、お姉ちゃんらしいエピソードに治療されました。「狂牛病はいくら日米間で協議しても解禁されないだろう!」(笑)

会員限定のコンテンツのため、ここで披露出来ないが口惜しい〜!

|
|

« おかえりなさい | Main | 今、ハヤってます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86853/11976559

Listed below are links to weblogs that reference 狂牛病は解禁されないだろう?(笑):

» 赤瀬川原平さん。。。 [ソビエトカメラ日和]
俳優の中村梅雀さんのブログの記事で、NHK教育でやっている番組「知るを楽しむ」の「人生の歩き方」に赤瀬川原平さんが出演との情報がありましたので、こりゃ見ないわけにいかないでしょう。 赤瀬川さんといえば作家なのですが、中古カメラに関する著書が多数あったり、ライカ同盟の一員だったり、ロシアカメラの本に登場したりと、中古カメラファンにとっては有名な方です。 番組ではどうやって赤瀬川さんが中古カメラの世界に入っていったかやってい�... [Read More]

Tracked on 2006.09.21 at 22:40

« おかえりなさい | Main | 今、ハヤってます。 »