« 額紫陽花 | Main | 立葵 »

2009.05.31

そりゃないだろ!

 額紫陽花の花言葉は”移り気”だと紹介したが、私の父はまさにそれで額紫陽花なんて良いもんじゃなけど、考えが変わったらしい… (苦笑)
宴会部屋がある私の隠れ家は壊されないし、引っ越しもしないことになった。

(以下は本来blogでは書かないことにしてる愚痴なので、読まなくても良いっすw)

 前にも書いた通りこの家は、地震でもくればひとたまりもないボロ家で、本来ならアパートに建て替えて家賃収入でローンを返すつもりだった。しかし、2〜30年も返済に追われるのも得策ではなく、ならいっそのこと売却して余剰資産の有効活用をすることになった。

 私としてもはじめはこの快適な空間を離れがたく、昨今の不景気で地価の下落を考え反対したが、これからの事を考えるとそうとも言ってられないと思い父親の案に賛成したのであった。

 ところが、ところがである。売買契約をするのその日の朝になって「売りたくない」と言い出したのだ。持ち主の意思は絶対だが、この結論が出るまで何回も話し合って”これなら”と言うことで決まった話である。相手や仲介業者も居ることだし、ただ気が変わったと言うだけでは済まない。

 なぜ売りたくなくなったのか問いただし、今まで話し合った内容を再確認し説得した。はじめは反対してた私が今度は説得してる…なんだか妙な具合である。結局、父の気持ちは変わらず、言い出したら聞かないのは息子の私が十分承知しているので、売買契約をドタキャンすることになった。

 やれやれと思っていると今度は、謝りに行くと連絡した仲介業者がぜひ息子さんもいっしょに来て欲しいと言い出したのである。ここは旧財閥系の大手不動産会社で、聞けば誰で知ってそうな会社で信頼がおけると思っていた。

 「これは再び考えを変えるように説得をされるぞ」と覚悟して行くと案の定、延々と説得された。まぁ向こうも子供の使いじゃあるまいし当然と言えば当然で、何を言われてもドタキャンしたこっちが悪く、だまって聞くしかない。

 一通り経緯を説明して頭を下げた。はじめは大病をして体の弱った父の体を気遣うようなことを言い、父の生まれ故郷は自分(担当の上司)のお気に入りの場所で他人とは思えないとお世辞などを並べ、「自分達は見方ですよ」この話はウチにとって良い話であると切々と語った。

 それでも首を縦に振らない父に業を煮やし、一転してキツい言葉で父の非を責めた。これには私も客に対して失礼ではないかと思ったが事実ではあるし、父が黙っているのでグッと堪えた。

 今度は私ひとりを別室に呼んで「息子さんはどう思ってるのか」「なんとか説得をしてもらえないか」と言い出した。「どうもお父様はお体のお加減が悪るそうで、今、正常な判断が出来ておられないのではないか」「ならばここはお父様に委任状を書いて頂いて息子さんを代理人として契約をして頂けないか」と言い出したのである。

 ことの真意を計り兼ねた私は更に説明を求めた。要するに私が代わりに契約をして本来契約時に受け取るはずの手付金を仲介業者が預かって、特約事項で白紙撤回を認可すると言うのである。平たく言えば、父の頭が覚めるまで猶予を与えるかわりに取りあえず今日、契約は交わす。せめてその位の誠意は示して欲しいと言うのである。

 さすが業者、いろいろな手法を使うとなかば感心した。私もそれならと思い父を説得してみても良いと思い、その前にトイレに行きたいと告げた。部屋を出たところでトイレの場所がわからないと気が付き聞こうと歩みを緩めたその時、後ろで上司が担当の部下に「お前はじじーの所に行ってろ」と言うのが聞こえた。いくら裏側とは言え年配の客をじじー呼ばわりはないだろう!不信感を覚えて一気に説得する気が失せた。
 
 このことは自分の身勝手で迷惑をかけたと消沈してる父に言えるわけもなく、取りあえず相談してる振りをしておこう、多少は相手が納得するまで付き合うのも仕様がないだろとだけ伝えた。

 こうして、実に4時間半に及ぶみそぎは終わったのである。しかし、父にも旧財閥系不動産会社にもどうにも納得が行かず、そりゃないだろ!と言いたかった。
 

|
|

« 額紫陽花 | Main | 立葵 »

Comments

( ;谷)いろいろ大変だったね〜お疲れさま。
お父さんにも何か考えがあって売りたくないと言い出されたのではないでしょうか(*‘ω‘ *)?
とりあえず、たまちゃん宅が無くならないというニュースは嬉しいのです(´▽`*)ノノ
やっぱり、思い出のある場所は無くならないほうが嬉しいんです

Posted by: ねこるり | 2009.06.01 at 20:21

 ねこるりさん
ホントつかれます・・・
父は大病を患ってから、車の時もそうでしたしその他の事でも衝動的に行動することがあります。それにこだわり気質が顕著に現れています。要するに持ってる物を手放すのが惜しくなったのではないでしょうか。命に関わる病気をするとそう言う精神的な面で症状が現れるらしいのですね。今は精神安定剤のような薬も処方されています。
私はともかく、血圧の高い母の体が心配です。

父にも腹が立ちますが親子なので仕方なく、親孝行だと思って後始末をやってます。それはまだしも、財閥系不動産会社のやり方には今思い返しても腹立たしい、自分でも良く我慢したと思いますよ。
1,父の体を気遣うような事を言っておいて、長時間売らせる交渉を強いる。父の体力を奪って精も根も尽き果てた状態にして”うん”と言わせようとしてるとも思える。
2,硬軟交えた言葉で揺り動かす。「あなたのため」と言いながら渋ってる父に「卑怯」「誠意がない」と罵る。これは仕方ないとこもあるが…
3,私を「人の良い息子」「言い含められる人間」と思ったのでしょう。将を射んとすればまず馬みたいな、もしくは目的のための手段に使ったとも思える。
4,父を陰でじじー呼ばわりし、剰え私に聞かせてしまう迂闊さ、または聞かれても構わないくらいな私への軽視。

業界や会社の体質とまでは言わないが、白髪を垂れて謝りに来た人に対してつけ込むようにこれらの事をする人間の品位を疑います。

レスの形で書く事ではないと承知してるけど、友人の愚痴だと思って許して下さい。


Posted by: たま | 2009.06.01 at 23:48

○菱系列の会社なんてヤクザな会社ですよ( ;谷)
と三○系列会社で働いてた私が言ってみる(´▽`*)
しかし、旧財閥系のその不動産会社は腹立つね〜。
お父さんをジジー呼ばわりしたのが一番ムカついた!
そんな会社には頼まれても売ってやる必要はないです!
お父さんもたまちゃんも正しい行動をしたと言えますよ(´▽`*)ノ
持ってるものを手放すのが惜しくなるというのは私も良くわかるな〜。
お父さんをいたわってあげてくださいね。

Posted by: ねこるり | 2009.06.02 at 20:24

ねこるりさん、ありがとう(T_T)
愚痴を吐き出して少しは気持ちが軽くなりました。

ここはねこるりさんが言われた旧財閥ではなくて
三大財閥の中で唯一その名に「三」の字がない財閥です。

Posted by: たま | 2009.06.02 at 23:35

要するに交渉相手は住○不動産だった訳ですか。
お疲れ様です。

ともかく契約に入る前に交渉が終わったようで安心しました。
業者側の、最悪手付金だけはせしめてやろうと魂胆が
見え見えでしたから。

暫くはたまさんの家でみんなと飲み会が出来そうなの
で、嬉しいです。

Posted by: おーく | 2009.06.04 at 05:01

おーくさん

お騒がせしました。
でも、私の父親のことですから、まだ予断は…(苦笑)

買い手も業者らしいので、動いたからには結果を出さないとマズいのでしよう。不動産屋にしても仲介料を貰うのは売り手でも、実際に金の出元は買い手、しかも業者とは既知の間柄(ビジネスパートナー)と見てます。

父の気の変わらないうちに飲み会を開きましょう!w

Posted by: たま | 2009.06.04 at 11:22

上京した際にはいつも泊めて頂いている私としては、
白紙撤回の一報は正直「嬉しい」ですが、
たまさんとしては色々振り回された挙句
何とも後味の悪い思いもしたようで・・・

まぁ、しばらくは隠れ家売却もなさそうですし、
(かと言って、いつまでも売らないままって事も無いでしょうが)
飲み会でも開いて憂さ晴らしして下さいな。

Posted by: スミー | 2009.06.05 at 19:23

スミーさん

ご心配頂いてありがとう。
父曰く「私の目の黒いうちは売らない」
とのことです。これも私が「売れ!」と
言ってるようにも聞こえ、なんとも・・・です。

ここを父親が見ないとだろうと思って言うけど
ここは相続税対策に売っておいた方が
私としては後あとの事を考えれば、楽なんですよね。
少しでも現金で残して貰わないと
後を守る身としては正直、しんどい。

とは言え、ここを離れると決心した気持ちを考えれば
”ケセラセラ〜♪”ってなもんです。(笑)

Posted by: たま | 2009.06.05 at 20:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86853/45196909

Listed below are links to weblogs that reference そりゃないだろ!:

« 額紫陽花 | Main | 立葵 »